ホーム‎ > ‎庭造り‎ > ‎庭の樹木‎ > ‎

ガマズミ(莢蒾)

静岡の山でもよく見かける落葉低木です。
大きな葉を広げて、枝の先端に5月ごろ白く大きな(小さな花の集まった)花が咲き、
秋には実が真っ赤になります。

元々ここに自生していたもので、数種類、何本かあった内の1本です。
ここで育ったものだけあってとても元気で、剪定しなければ他の植物が負けてしまいそうです。
花と実の両方が楽しめるのがいいです。

 コバノガマズミ
森林公園の樹木観察会に参加した時、拾って説明を受けたものを持ち帰り育てた物です。
4年目でこんな花がいっぱい咲きました。
  ミヤマガマズミ

Comments